title-left 肩こり

①天柱(てんちゅう)[足太陽膀胱経]
【場所と取り方】
後頭部の下の中央に大きなくぼみがあります。この部から両側へ1.3寸“人差し指と中指の指2本分より少し短い”の所に取ります。僧帽筋の外縁にあります。(左右2穴)
【命名の由来】
「天」は頭を指し、「柱」は支えるの意味です。このツボの位置がちょうど頭を支える重要な場所にあることから命名されました。
【特徴】
特に目の疲れによる肩こりに効果的なツボです。

②肩井(けんせい)[足少陽胆経]
【場所と取り方】
肩上部にあります。脇を締めて反対側の手を肩に当て、中指の先が当たる所に取ります。ちょうど乳頭の線上に当たります。(左右2穴)
【命名の由来】
「肩」は肩部を指し、「井」はくぼみが深いという意味があります。このツボは肩にあり、このツボの深部にある胸隔は「井戸」のように深い空洞であるという場所の特徴から命名されました。
【特徴】
肩部の気が出入りする所です。肩の循環を改善するのに大変効果的なツボです。

③手三里(てさんり)[手陽明大腸経]
【場所と取り方】
親指をそらすと指の付け根にくぼみができます「陽谿穴」。この部とひじを曲げた時にできるしわの外端「曲池穴」を結んだ線上で、肘側から下へ2寸“指3本分”の所に取ります。(左右2穴)
【命名の由来】
「里」は居るの意味です。このツボは「肘穴」から3寸の所に居るツボであるという事から命名されました。
【特徴】
手の使い過ぎによる手の痛みやしびれなどに効果的なツボです。